2010年02月28日

喜多方の銭湯に戦闘力を失う

喜多方市内をぶらぶらしていると煙突を見つけました。
もしやと思い行ってみるとやはり銭湯?でした。

P1040599(変換後).jpg
LUMIX LX2で撮影

白山湯、女湯の入り口がポツンとあるだけです。
男湯の入り口はというと…

P1040595(変換後).jpg
LUMIX LX2で撮影

米屋かよ?、怪しい、怪し過ぎます。
今回は時間が早くカギが閉まっていたため中に入れませんでした。
再び、ここを訪れ確認するつもりです。

そしてもう一つ、駅前通りにある「文化湯」です。
P1040594(変換後).jpg
LUMIX LX2で撮影

パッと見、普通の民家です。
営業前のようでしたが、カギが開いていたので中をのぞくと…スゴイ!スゴすぎる。
ここに入るにはちょっと勇気がいるかもしれません。
ある意味、パラダイスかも…
ここも次回制覇しなければ
posted by ななパパ at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 脱力系湯めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

ななパパ銭湯に行くの巻

歳をとったせいか、寒さに弱い。
なので、最近は温泉なんかに浸かっていますが、今回は銭湯に行ってきました。
私が子供の頃、この町にも3軒の銭湯がありましたが、今はその跡すら残っていません。
私も最後に銭湯に行ったのは20年以上前の事だと思います。
なのでちょっとドキドキわくわくです。

今回行ったところは新発田市の「いいでの湯」という銭湯です。
新潟県ではもう新発田以北には銭湯はありませんから、ここが新潟最北の銭湯になります。

SH3C0149_R.JPG

夕暮れの「いいでの湯」の外観です。
屋根の上の明り取り窓が素敵でしょ?燃料は重油ではなく薪だと思います。
近くの小屋で廃材を短く切って束ねてました。

SH3C0148_R.JPG

入浴料は390円、番台のおばちゃんに払います。
女湯との仕切りは年代を感じさせる木製の仕切りで、丸くて大きな籐の籠なんかもあったりして昭和30年代にタイムスリップしたようです。

SH3C0147_R.JPG

私が行った時には男湯には誰も入っていませんでした。
なので貸しきり状態です。しあわせー
脱衣所と風呂場はシースルーで、タイルの壁絵が銭湯らしくていい感じです。
毎週日曜は変わり湯で、今日は紫色の湯船があり、白檀の湯って書いてました。
銭湯なので温泉ではなく沸かし湯ですが、とてもいい湯で温まります。
下手な循環ドロドロ日帰り温泉に行くよりこっちのほうが絶対いいです!
あー、癖になりそう。
posted by ななパパ at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 脱力系湯めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

パラダイス

寒い冬は温泉に限りますね。

P1040453_R.JPG

手ぬぐい1本持って出かけてきました。
そこは噂のパラダイス?続きを読む
posted by ななパパ at 22:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 脱力系湯めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

今年の冬は湯巡りだな

あー、今日で休みも終わり、戻れるなら4日くらい戻りたい。
正月休みは遠出もしなかったなぁー。
行ったところはユニクロとジャスコくらい、あと義母の見舞いくらいかな。
うちの娘が出不精なんです。どこか行く?って聞くとお家がいいって言うし、お年玉で買ったたまごっちIDに夢中、それにHDDに録画したテレビを見てごろごろしてる始末。
まぁ、出かけると無駄なお金も使っちゃうし、外は寒いので家でテレビでも見てた方が無難かな。

SH3C0128_R.JPG

そんわけで、冷えた体と懐を温めに近くの日帰り温泉に行ってきました。
(温泉に入っても懐は温かくならんけどね)
行ったのは家から20分くらいの紫雲の郷
夏はここのプールで泳いだり、隣接の公園で遊んだりとけっこうお気に入りの施設です。
雪がちらつく露天風呂に入ったりサウナで汗を流したりと正月ボケを落としてきました。
やっぱり冬は風呂めぐりだな。

posted by ななパパ at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 脱力系湯めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

ランチタイム…

年末で仕事が忙しく体も懐も寒いのでこんなところで温まってきました。
旅館が5、6件しかないひなびた某温泉の共同浴場。
華報寺というお寺の境内にあります。(入浴料は150円也)
弘法大師様が開いたと言うありがたいお湯でございます。
平日の昼間なので空いています。
近所のお年寄りが二人お入りになっていらっしゃいました。
3m四方の湯舟が一つ単純泉ですので無色透明の湯です。
源泉は38度くらいなのでボイラーで40度ほどに温めています。
ちょっと長めに入っていないとこの季節湯冷めしてしまいそうです。



寺の横にはなかなか良い雰囲気の木造3階建ての旅館があります。
ちょっと泊まってみたい気分。



ありがたい湯に浸かったのですがちょっとぬるかったのでもう一つの共同浴場で体を温めます。
こちらも料金は150円、42度ほどに湯温を上げているのでちょうどいい湯加減。
今流行りの日帰り温泉やクワハウスとは違いこういった脱力系のお風呂はなんだか癖になりそう。
チャリに乗れないこの季節、脱力系湯巡りしたいと思います。
今度は銭湯か・・

ななパパ的脱力系お風呂の定義
日帰り温泉やクワハウスは×
個人経営の銭湯は○
料金は銭湯に敬意を表して銭湯と同料金かそれ以下
入浴した時全身の力が抜けるところ



posted by ななパパ at 09:33| Comment(3) | TrackBack(0) | 脱力系湯めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする